和の結婚式、和風挙式、祝言など、日本式・和風の結婚式のHOW TO

神前結婚式

神前式は神社とホテル、式場の神殿で挙げられます

神前結婚式が挙げられるところはホテル・式場の中にある神殿と、私たちが日常的に参拝する神社があります。どちらも、古式に則った式次第で結婚式を行なっています。ホテル式場の神殿は結婚式だけを行なっていますが、神社は神事にまつわる行事、例えばお宮参りや、七五三などがあるので、希望の日に結婚式が挙げられるとは限りません。

どこの神社でも式次第の基本は同じです

神前式は基本的に古式に従って式次第が決められていますが、神社によっては巫女の舞を奉納したり、指輪の交換の代わりに紅白の水引を指に結ぶなど、個性的な進行を加えた式次第もあります。
挙式の中でふたりが関わる動作は事前に教えてくれますが、意味までは説明がないこともあります。事前にその意味を知っていたほうが神前結婚式の意義の素晴らしさが認識できるでしょう。

《一般的な式次第》

  • 参進の儀 控えの間から神殿に向かう行列
  • 手水の儀 身を清めて神殿に向かう儀式
  • 修祓の儀 参列者全員を神官が祓い清める
  • 斉主参拝 神官が神前にお参りする
  • 献饌の儀 神前に海の幸、山の幸をお供えする
  • 祝詞奏上 祝詞は神様に結婚するふたりの報告とご加護を願う
  • 三献の儀 三三九度のこと
  • 誓詞奏上 新郎新婦がふたりの愛の誓いを述べる
  • 玉串奉奠 幣を付けた榊を神前に捧げる
  • 指輪の交換 欧米のセレモニーの中から習慣化したもの
  • 親族盃の儀 両家の末永いおつき合いのための盃
  • 斉主一拝 挙式終了

神社の挙式は絵になる場面が多いのです

shinzen-iseyama神殿の中での撮影は制約があります。神官が祝詞を奏上しているときや、お祓いをしているときはシャッターを押してはいけない決まりになっています。
三三九度や指輪の交換シーンは撮影が許されているところもありますが、神社によってはカメラの位置が決められていることもあるので事前に決まり事を聞いておきましょう。
自由に撮影できる境内の花嫁行列は、神社結婚式ならではのステキなシーンです。

玉串拝礼(たまぐしはいれい)の作法

「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」とも呼ばれ、一般的な参拝・祈願でも行なわれる儀式です。巫女から受け取った玉串(榊の枝)を持って前に進み、願いを込めて神前に向けて捧げ「二礼二拍手一礼」の作法で拝礼。続いて媒酌人や両家代表も同じく玉串拝礼を行ないます。その都度、巫女が案内してくれるので、それに合わせれば間違いありません(下記イラスト参照)

玉串を受け取る
tamagushi-01巫女から玉串を受け取ります。右手で榊の根本を上から、左手で葉先を下から支えるように胸の前で持ち、神前に進みます
玉串の根元を手前へ
玉串の先を時計回りに90度回し、根本を手前にして、左手を下げ両手で持ちます
祈念
目を閉じて祈念します。このとき願いや感謝の気持ちをしっかりと玉串に込めるのが玉串拝礼の一番大切な作法です
根本を神前に
時計回りに180度回し、根本を神前に向け、玉串案の上に置き、「二礼二拍手一礼」の作法でお参りします

神社にお参りするときは作法に従いましょう

鳥居の中に入ったらそこは境内で、参道の中央は、神様がお通りになる道なので参拝者は左右のどちらかに寄って歩きます。
どんなに急いでいても駆け出したりするのは非礼に当たります。落ち着いた足取りで歩を進めましょう。
参道の横に手を清める場所があります。一般的には左に設けられています。
参拝する前には「手水の儀」といって、手水で身を清めるのが礼儀です。
手水を使うときは柄杓一杯の水で手を洗い、口をすすぎ、残りの水で柄杓の柄も洗い流します。

【手を清める順序】

  1. 右手で柄杓を持って、左手を流します。
  2. 左手に柄杓を持ち替えて右手を流します。
  3. もう一度右手に持ち替え、左掌で水を受け、口をすすぎます。決して柄杓を口に当てないこと。
  4. 柄杓を立てて少し残しておいた水で流します。
  5. 後ろに人がいないときは、柄杓を伏せて置きます。
  6. 次の人がいるときは柄杓は上を向けたまま置きます。

結婚式では参進の儀の前に行なうのですが、時間の都合などで省略されます。結婚式に参列する立場のときや、神社に参拝するときの心遣いとして知っておきましょう。

PAGETOP