和の結婚式、和風挙式、祝言など、日本式・和風の結婚式のHOW TO

お母様の礼装マナー&基礎知識

花嫁・花婿の母として当日はパーフェクトな装いで臨みたいものです
自信を持って着こなすために礼装のマナーを紹介します

お母様の装い・黒留袖&色留袖

お母様の礼装には黒留袖と色留袖があります。
お母様方の中には、色留袖は黒留袖より一段格が下がると思っていらっしゃる方がいますが、どちらもミセスの正装です。
宮中では黒を着ることはありませんから、叙勲などの式典で宮中からお招きを受けたときは、ミセスの方は色留袖を着るのがしきたりになっています。
娘、息子の結婚式はお母様にとってもハレの日です。会場の雰囲気に合わせて、色留袖をお召しになったらいかがでしょう。
男性はほとんどが黒のスーツですから、そこに色留袖をお召しのお母様がいらっしゃったら華やぎが添えられます。とはいっても、結婚式は両家のバランスが大切ですから、先方のお母様と話し合って装いを決めましょう。
最近は、独身の女性で弟が結婚するが自分は何を着たらいいのかしらと悩んでいる方がいらっしゃいます。ミスでも振袖は着られないし…という方に色留袖を勧めている和装評論家の方がいます。和装のしきたりから言えばおかしいのですが、今はそれほどしきたりにとらわれず、ミスの方でも裾模様が高い位置まである華やかな色留袖をお召しになってもよいと思います。

 

男女問わず身につける末広の扱いにも注意して

留袖の装いには末広(扇子)を胸元に差すのが決まりです。末広を差す位置は帯と帯揚げの間で、開くほうを上に向けて差しますが、着付師さんが正しい位置に差したのに、末広を抜いて手にした後、自分で差す時に、誤った位置に差してしまうお母様を見かけることがあります。差しやすいからと、帯締めに差してしまわないように気をつけましょう。着付けが終わったときに、着付師さんに確認しておけば安心です。
末広は男性も女性も正装には必ず持つのがしきたりです。畳の席でご挨拶するとき、膝前において結界を作り「これより先に入りません」という相手に対しての敬意を表す意味があります。男性の場合、帯刀が許されない場所で、事が起きたときに扇子を護身に使ったともいわれています。
このように末広は、古くからのしきたりや、相手へのマナーに則って身につけるものですから、むやみに開閉して仰いだり、手元で弄んだりするのは、見苦しいので慎みましょう。

家紋の数や描き方もきものの格を左右します

家紋は数によってきものの格が変わり、最高の格式をもつのが五つ紋の染め抜き日向紋です。次いで三つ紋、一つ紋があり、留袖には五つ紋をつけます。衣装サロンの留袖には一般に多い家紋が使われていますが、家紋にこだわる方のために自分の家紋をつけられる貼り紋を受けているサロンもあります。紋には、染め抜き紋と縫い紋がありますが、染め抜き紋のほうが格は上です。

PAGETOP