和の結婚式、和風挙式、祝言など、日本式・和風の結婚式のHOW TO

花嫁衣装の知識

花嫁衣装には打掛と振袖があります

きものには格がありますが、花嫁衣装の打掛や振袖は礼装の中では特別の存在で、花嫁だけが装える格別の衣装なのです。打掛、振袖どちらも格は同じです。打掛は掛下と呼ばれるきものの上から羽織って着ます。材質は豪華な唐織や綸子に刺繍したもののほか、友禅の打掛もあります。一時人気だった黒のお引きの振袖よりも、色使いのきれいな振袖が多くなっています。和装は流行に左右されないと言われていましたが、時代と共に色味や柄ゆきが変わってきています。しかし、伝統を踏まえた古典的な格調高い装いは連綿と受け継がれています。

打掛

打掛

振袖

振袖

打掛には白無垢と色打掛があります

神前結婚式を希望するほとんどの方が憧れる白無垢は、挙式だけしか着られません。装いのしきたりでは披露宴に出るときは色打掛に掛け替えます。
白無垢は挙式だけに着るもので、純白の衣装は汚れがない心で嫁ぐといわれていますが、故事によると神様に嫁いだ後、人間の男性に嫁ぐために白装束として白無垢を着るという説もあります。従って懐剣や筥迫まで白一色でなければならないのですが、最近は、淡い色の糸で刺繍された生地でも白無垢として扱われています。日本の伝統に育まれた決まり事は守りたいものです。

白無垢

白無垢

色打掛

色打掛

振袖にはお引きと呼ばれる裾を引いたものと対丈のきものがあります

対丈のきものは花嫁でなくても着こなせますが、裾を引いた振袖姿は花嫁だけが出来る着こなしで、ステキな装いです。
お引きの振袖に限らず打掛も同じですが歩くときは褄を取るので、披露宴でテーブルを回ってプチギフトを配ったり写真を撮ったりするときは、手がふさがってしまい困ることもあります。そんな演出のときは新郎がいたわってあげることが必要でしょう。
また、庭での撮影で裾を引いたポーズを見かけますが、植物の露はシミになるので使う側も心遣いをしましょう。

対丈の振袖

対丈の振袖

お引きの振袖

お引きの振袖

角隠しと綿帽子は実は埃よけ、防寒のためのものでした

実は花嫁衣装に使われている小物は、昔は実用品だったものが装飾として残っているのです。白無垢に綿帽子という姿は、花嫁の憧れですが、昔は防寒具だったのです。真綿を薄く引き伸ばし、それを頭に乗せて外出のとき寒さを防いでいたと言う記述があります。ですから「綿帽子」と名前が付いているのです。真綿ですから当然形は柔らかだったでしょう。
角隠しも同様で花嫁だけのものではなく、女性が外出するときに埃よけとして前髪から横にかけて付けていたのです。

綿帽子

綿帽子

角隠し

角隠し

花嫁は日本髪が似合います気になっていた生え際が自然に

昔は身分によって髪型まで制約されていました。その時代から文金高島田は花嫁だけが結える髪型でした。
その昔から連綿と続いてきた文金高島田は和装の花嫁に一番似合う髪型と言えます。最近のかつらは軽くて締め付け感がなく、気になる生え際周りが地毛のように自然になりました。
本番でかつらを着けるなら衣装合わせと同様に、かつら合わせをします。かつら合わせは大きさだけでなく、顔に合わせて前髪や鬢(びん・両横の張り出した髪の部分)を調節する作業をするのです。
isho-katsura

PAGETOP