和の結婚式、和風挙式、祝言など、日本式・和風の結婚式のHOW TO

江戸祝言

  • HOME »
  • 江戸祝言

家族のきずなを深める和の人前式
祝言

祝言は江戸時代から昭和初期まで庶民の結婚式スタイルとして行なわれたスタイルです。
祝言は神仏の前で結婚式を行なうのではなく家族に囲まれ自分たちの結婚を列席者に認めていただく挙式です。
会場は和風でも洋風でもどちらでも自分たちで決められます。ここでは、老舗料亭で行なう「祝言」を紹介します。

床の間を背に新郎新婦が座ります

1194-AZ5T0400
親族だけで挙げる場合と列席者の前で行う場合がありますが、列席者の中には祝言が和の人前式のルーツであることを知らない方もいるので、事前に司会者が説明することが必要です。
まず、雄蝶雌蝶の役目をする男児と女児をそろえます。ふたりは三三九度の杯事をする重要な役目があります。
雄蝶の飾りがついた提子を持った男児に続き、三つ重ねの杯をささげ持った雌蝶の女児が部屋に入ります。
1194-AZ5T0400親族だけで挙げる場合と列席者の前で行う場合がありますが、列席者の中には祝言が和の人前式のルーツであることを知らない方もいるので、事前に司会者が説明することが必要です。
まず、雄蝶雌蝶の役目をする男児と女児をそろえます。ふたりは三三九度の杯事をする重要な役目があります。
雄蝶の飾りがついた提子を持った男児に続き、三つ重ねの杯をささげ持った雌蝶の女児が部屋に入ります。

子供がお手伝いする三三九度の儀は「祝言」ならではの特徴です

1 2

3 4

祝言の音楽は「高砂や この浦船に帆を上げて・・・」と謡が流れるのが自然です。
自分たちの好きな音楽でもいいのですが、雰囲気を壊さないことが大事です。たとえば、琴の調べや横笛の音などが似合うでしょう。
まず、新郎から杯を受け、次に新婦が杯を受ける動作を3回繰り返す三三九度の儀式は、神前挙式でも行なわれる挙式のハイライトです。
子供の登場が緊張を和らげます。

1 2

3 4

祝言の音楽は「高砂や この浦船に帆を上げて・・・」と謡が流れるのが自然です。
自分たちの好きな音楽でもいいのですが、雰囲気を壊さないことが大事です。たとえば、琴の調べや横笛の音などが似合うでしょう。
まず、新郎から杯を受け、次に新婦が杯を受ける動作を3回繰り返す三三九度の儀式は、神前挙式でも行なわれる挙式のハイライトです。
子供の登場が緊張を和らげます。

三三九度の次はマリッジリングの交換です

1 2

3

雌蝶の女児が和のリングピローをしずしずと運びます。
新郎の前にリングピローを置き、新郎から新婦へ、新婦から新郎へ指輪を交換します。
雌蝶が下がったら皆さんに指輪を披露します。

1 23

雌蝶の女児が和のリングピローをしずしずと運びます。
新郎の前にリングピローを置き、新郎から新婦へ、新婦から新郎へ指輪を交換します。
雌蝶が下がったら皆さんに指輪を披露します。

白扇に書いた誓いの言葉をお互いに読み上げます

1251-AZ5T0499 1252-AZ5T0501

1255-AZ5T0506 1257-AZ5T0511

雄蝶役の男児が三方に乗せた白扇を運びます。この白扇には事前にそれぞれが誓いの言葉を書いておきます。
お互いがその場で白扇を広げて誓いの言葉を読み上げます。そして白扇を交換。一生大切に保管しておくアイデアです。
後日、何か事が起こった時に「こんな誓いを立てたのに」と見せ合うのも夫婦の危機を乗り越える一助になるでしょう。
1251-AZ5T0499 1252-AZ5T05011255-AZ5T0506 1257-AZ5T0511

雄蝶役の男児が三方に乗せた白扇を運びます。この白扇には事前にそれぞれが誓いの言葉を書いておきます。
お互いがその場で白扇を広げて誓いの言葉を読み上げます。そして白扇を交換。一生大切に保管しておくアイデアです。
後日、何か事が起こった時に「こんな誓いを立てたのに」と見せ合うのも夫婦の危機を乗り越える一助になるでしょう。

和室を椅子に模様替えも

日本間では座るのが苦手という方でも、椅子を設えた部屋がレトロな雰囲気を醸します。
1131-AZ5T0306

祝言・和婚のお申し込みご希望の方はこちらから

PAGETOP